2009年4月23日(木)13:00~ 梅田芸術劇場メインホール

本日は2階席センターより観劇でした。

初日は2列目やったから2階席は違う視点なのと舞台全体をつかむのに良かったです。

そしてやっぱり近いと舞い上がってしまいましたからね~^^;

2回目の観劇では結構冷静に観れましたよ♪



ほんでもって初日では気付かなかったっつうか、なんつうか…

誰?あれ誰?声がなんとなく…え、まさか…(@_@;)

というのが2回目で確信に変わりました。

そして、その後のまともなお姿でのセリフにもありましたね。

初日ではそのセリフ聞き逃してました^^;

(顔を公開してのお姿も披露されてもいましたが、それはそこだけやと思ってましたよ)



つつみんのシャ○リ先輩(#^.^#)

バリバリの関西弁やしv



1回目よりも2回目と更に面白くなりましたv

追加券発売してたしなぁ~もっと行ってみたいかも、と思ったけど千秋楽まで我慢じゃ(*^^)v



日替わりネタなんかもあるようですね♪

ふるちんが素性を聞かれるあたり…?

○○は?

-知らん

○○は?

-知らん

親は?

-おらん…○○ ←この○○の部分が変わるんですけど、ちょーっと聞き取りにくいんでというか照れてるのか^^;

そして、2幕の逆木さんが頭に△のをつけて出てきて粟根さんの擁護をするときに時事ネタを話します。。



木村了くんのカッコいい立ち去り方♪

一度ジャンプして着地してサーっと走り去るんですけど、これが初日の時に最後の立ち去り方の時にずりっとなって笑いが起きたんですけど、やっぱり3日目の時も最後の立ち去り時にずりっとなったからこれはネタかな?



今日の舞台では結構、勝地くんを追ってました(*^^)v

セリフも聞き取りやすくかつ舌もいいよね♪

影の主役…ムフッ(#^.^#)



どんどん闇太郎と名乗るものの(ふるちん)素性が明らかになるにつれ緊迫度も増していくし、立派組・天晴組とか良いもん悪いもんなんか関係なくなってくるっていうか、殺陣もすごい迫力あるし、ふるちんとつつみんの立ち回りはホントにすごい!!!

2幕は何度も泣かされますよ…これがあのネタもんから始まった舞台とは思えんくらいのクライマックスを迎えるとはねぇ~^^;







五右衛門ロックはゲキシネ公開もあるし、きっとDVDも出るやろうなって思うんやけど、この蜉蝣峠はどうなんだろう?

DVD化って難しいことないかなぁ~。。

なんせ1幕ふるちん登場時のお姿がーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

けど、この蜉蝣峠はふるちんの25周年記念公演…やんなぁ?^^;



にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村